MENU

EARTHFRIENDS
TOKYO Z

MENU

COLUMN

HOME>COLUMN>INTERVIEW>スペシャルインタビュー:#17 古牧昌也

スペシャルインタビュー:#17 古牧昌也

komaki_1718top.png

プロ選手として初のシーズンを迎える古牧昌也選手。自分に求められているバスケや自身のプレースタイルについて聞いてみた。


東京Zへの加入のきっかけを教えてください。

ここに来るまで千葉ジェッツに練習生として所属していて、千葉ジェッツのコーチ陣の方々と斎藤卓ヘッドコーチが知り合いで話をしていただいたのがまずはきっかけです。
入団前に東京Zの練習に一度参加させてもらって卓さんとお話して、バスケットの考え方であったり、バスケットIQであったり、「自分にないものを持っている方だな」と思って。バスケットをするために自分に足らないものをここで学びたいな、と。
その後に山野社長ともお会いして、チームの目指すビジョンなどを聞いて、このチームで自分の力を発揮したいと思ったんです。


東京Zに入ってみてどうですか?

先輩たちに可愛がってもらえているので、すごく楽しいです(笑)。
プレー面では初めて練習に参加した時にベテラン選手がチームを引っ張っていっているチームだなという印象を受けたんです。
実際チームに合流して、ベテラン選手が引っ張っていってるというのはもちろんあるんですけど、徐々に慣れるにつれて、自分も同じように、立場関係なく、声を出すことだったり、そういう自分でも引っ張っていける部分を少しでも見つけてチームに勢いをつけたいなと思っています。
卓さんと東頭さん(東頭俊典アソシエイトコーチ)とコミュニケーションをよくとるんですが、コーチがやりたいバスケや、自分に求められているものが少しずつわかってきたので、今はまだまだその最初の段階なんですけど、しっかり理解してプレーしていくことが大切だと感じています。


その求められているものとは?

言葉にすると難しいな・・・。自分がシュートを決めなくてもいいんです。より確率の高いプレーを選択すること、プレーで狙いたいポイントを理解するということを求められていると思ってます。あとはディフェンスをがんばるだけでなくて、いろんな予測だったり駆け引きをまずはするということ。正確性ですね。


ご自身のプレースタイルをどのようにとらえていますか?

自分は本当にノーマルな選手だと思っているんです。能力がすごいあるわけでもないし、シュートも入らないわけではないですけどまだまだ足りないし、足がめちゃめちゃ早いわけでもない。
じゃあ、どこで頑張るかって言ったら、誰よりも全力で誰よりもがむしゃらにプレーをすることが自分らしさかなと。
後は入り出したら止まらない3P(笑)。
チームとして求められていることはしっかり結果を出しながら、かしこく、エナジー溢れるプレーをしてきたいです。


最後にファンの方へメッセージをお願いします。

開幕までそんなに期間があるわけではないので、プレータイムをもらえるように一日々々ハードワークして、ヘッドコーチやチームに求められているものを自分の中で整理しながら、チームやファンのために頑張っていきたいです。
シーズンが終わった時に「やりきったな」って後悔のないシーズンにするためにも、先は見ずに、今シーズンに全力で取り組みたいと思っています。
プロ選手としては初のシーズンになるので、初シュートを決めるところを会場に観に来てください!

RELATED

関連ニュース