MENU

EARTHFRIENDS
TOKYO Z

MENU

COLUMN

HOME>COLUMN>INTERVIEW>Q&Aインタビュー:#14 柏倉哲平

Q&Aインタビュー:#14 柏倉哲平

14kashiwagura_qa.png

シーズンも3分の1が終わりましたが今の心境は?

開幕時のチームと今のチームはメンタル的にも技術的にも全然違うチームになったと思います。怪我人がいる中でも十分戦える実力があることはわかりました。しかし、現実として結果は負け越している状況です。自分たちのバスケットをすれば勝てる自信はあります。これからは1つ1つ勝ち星を積み重ねていくためにもよりチーム一丸となってTRY HARD!していきます。

『プロ』となり変化したことは?

学生の時とは違って時間の使い方はより大事にするようになりました。睡眠や食事、ケアの時間など、プロとして自分の体が全てなのでそこにかける時間は気を遣っています。
また、たくさんの方々の支えがあってバスケットボールができていることを改めて実感しました。1回1回の練習はもちろん、イベント活動等も無駄にしたくないと強く思うようになりました。

自分のポジションの役割と、その難しさや楽しさを教えてください。

自分はポイントガードとしてチームを勝利に導くゲームコントロールをすること、チームメイトの良いところを引き出すのが役割だと思っています。
最終的な判断がポイントガードに任されるケースが多いので、接戦になればなるほど勝敗の責任も伴うポジションであることは間違いないです。
ただポイントガードは自分がクリエイトしたオフェンスが成功したときや、自分のアシストでチームメイトがシュートを決めてくれたときはとても楽しいと思えます。それで勝てたら最高ですね。

今シーズン注目してほしいポイントを教えてください!

今シーズンはゲームコントロールはもちろんですが、積極的に攻撃するところは注目してほしいです。チームの得点が止まったときに打開できる選手になりたいと思います。

ファンの皆様へのメッセージと意気込みをお願いします!

いつもたくさんの応援ありがとうございます。ホームだけでなく、アウェーでもファンの方々の熱い声援は本当に力になります。接戦を勝ち切れるチームに、そして最後みんなで笑って終われるシーズンになるように頑張りますので、これからも一緒に戦ってください。応援よろしくお願いします。