MENU

EARTHFRIENDS
TOKYO Z

MENU

COLUMN

HOME>COLUMN>INTERVIEW>Q&Aインタビュー:#17 古牧昌也

Q&Aインタビュー:#17 古牧昌也

17komaki_qa.png

シーズンも3分の1が終わりましたが今の心境は?

やる気満々で望んだプロとして初めての開幕だったのですが、第1節の2試合は試合に出れず本当に悔しくて、もっともっと努力してチームの力になりたいと強く思いました。この悔しい気持ちを二度と忘れずにプレーしていきます。
現時点では負け越していて苦しい状況が続いていますが、常にチームの為に今何をすべきなのかを考え、行動したいと思います。

『プロ』となり変化したことは?

今までとは違い、バスケットに対する意識が大きく変わりました。ベテランの方々と時間を過ごす事も多く、たくさんの事を学ばせていただいているのでその影響もあると思います。
以前より、どうすれば上手くなれるのかと深く考えるようになりました。練習の映像や相手の試合を何度も見て研究し、自分には何が足りないのかを考える時間が増えました。
日常生活では初めての1人暮らしをしてみて、料理・洗濯・掃除と苦戦していますが遂に自立したんだな、と感じています(笑)。

チームとして大切にしていきたいことは何ですか?

チームはTRY HARD!というスローガンを掲げ日々成長しているなと感じています。
個人としては斎藤HC・東頭ACが自分に何を求めているのか、チームとして今のプレーはどうなのか?などプレーを理解して遂行する必要があるなと思っています。

今シーズン注目してほしいポイントを教えてください!

1. シュート力
2. 熱々なプレー
3. 名曲からのコートIN

ファンの皆様へのメッセージと意気込みをお願いします!

いつも熱い応援ありがとうございます。
ルーキーシーズン、チームに貢献し応援してくださる皆様に勝利を届けられるように頑張ります。
これからも応援よろしくお願いします!熱々