MENU

EARTHFRIENDS
TOKYO Z

MENU
HOME>TEAM>HOME TOWN
 

HOME TOWN 〜地域と共に〜

私たちは地域のみなさまと共にチャレンジし、成長していきたいと考えています。


ホームタウン

大田区総合体育館をホームアリーナとし、城南エリア(大田区・世田谷区・品川区・目黒区等)をホームタウンとして活動をしていきます。チームの規模拡大に合わせ、ホームタウンも城南エリアから東京全域へと広げていきます。

ホームアリーナである大田区総合体育館がある大田区は、日本と世界を繋ぐ窓口である羽田空港を持ち、日本人の気質が生み出す技術力の高い企業が多い街です。また、城南エリアは商店街も多く、地域を愛する住民の方が多くいらっしゃいます。

今までになかった方法で、世界で戦える人材を育成し、日本人の特徴・武器を活かして世界へと勝負していく私たちのチームコンセプトと城南エリアの街づくりの姿勢にはリンクするものがあると考えています。

私たちが地域に根ざした、地域に愛されるチーム作りをするにあたり、このエリアのみなさまと共にバスケットボールで地域を盛り上げていきたいと考えています。


普及・育成活動

私たちのホームタウンから世界No.1選手が輩出され、日本代表が世界で勝利し、金メダルを穫ることが私たちの大いなる目標です。

そのためにも、ミニバスケットボールチーム、スポーツ少年団、中学高校のバスケットボール部のみなさまと連携を図り、指導者講習会、指導者派遣、選手との交流会などを通じて一つの大きな環を構築したいと思います。独自の育成スクールも実施していきます。


世界とつながり、街と共に成長する

私たちはバスケットボールを通じ、ホームタウンの国際化と、世界で活躍できる人材育成に向けてチャレンジし、街と共に成長したいと考えています。企業の世界進出への促進、観光客などの誘致を推進していきます。また、名産品、サービス、ものづくりなども広くアピールしていきます。「スマート・ベニュー」アリーナの建設など、まちづくりまで視野に入れて活動していきます。


地域とのふれあい

アースフレンズ東京Zでは、商店街イベントなどへの参加をはじめ、地域の方と積極的なコミュニケーションを図り、アースフレンズ東京Zを身近なものとして、地域に溶け込んだ存在として認知していただくための活動を展開しています。

アースフレンズ東京Zが、みんなに応援されるチームになることによって、私たちがイベントに赴くことでイベントが活気づき、商店会の経済的な活性化にも寄与できるものと考えております。


子どもの発育とスポーツ振興

アースフレンズ東京Zでは、”スクールキャラバン”と称して、コーチを市内小学校のゲストティーチャーとして派遣し、先生方に代わって体育の授業やすまいるスクールなどで楽しくバスケットボールに触れ合える指導を行っています。

近年、体力の低下が顕著になっている子どもたちに、体を動かすことの楽しさを体験させ、運動を習慣付けることを目的とし、将来、世界に飛び出すアスリートが誕生するきっかけとなればと考えています。


創業時の球団事務所

アースフレンズ東京Zでは、創業業当初、東京都大田区の日の出銀座商店街にある商店街事務所兼休憩所「ひので庵」の2階をチームの運営事務所として2014年1月から2016年5月まで利用させていただいておりました。

商店街事務所の利用は、日の出銀座商店街振興会様のご厚意によるもので、アースフレンズ東京Zの地域連携活動に多大なるご理解をいただいてのものです。日の出銀座商店街に事務所で構えていた2年半、素敵な出会いや出来事がここからたくさん生まれました。

無名なチームながらここまで継続できたのは、ひとえに日の出銀座商店街の皆様はじめ、日頃よりお世話になっている地域住民の皆様のお力添えのおかげでございます。

日の出銀座商店街は我々の故郷です。