MENU

EARTHFRIENDS
TOKYO Z

MENU

COLUMN

HOME>COLUMN>INTERVIEW>スペシャルインタビュー:#33 西山達哉

スペシャルインタビュー:#33 西山達哉

tatsu_1718top.png

アースフレンズ東京Zの新たな司令塔として活躍に期待がかかる西山達哉選手。移籍してからの想いを聞いてみた。


東京Zへの加入を決めたきっかけを教えてください。

まずはチームから声をかけていただいたということ。山野社長はじめ斎藤卓ヘッドコーチ、特に卓さんには今年だけじゃなくて、去年も一緒にやらないかと言われていたのもあって。昨シーズンまで所属していたチームの状況なども考えて、地元の近くにいながら自分のステップアップできる場所として、B2のチームでやりたいという想いがあったので、東京Zならそれができると思ったんです。
あとは、卓さんがヘッドコーチというのも大きいですね。プロになる前、社会人1・2年目に所属していたクラブチーム「横浜ギガスピリッツ」で卓さんとはチームメイトだったので、その時からずっと知り合いで、「卓さんのもとでやってみたい」という気持ちもありましたし、そんな中で山野社長とも面談してチームが目指していることや想いを聞いて、「ここだったらもっと上手くなれる」と思ったので加入を決めました。


対戦相手としての東京Zの印象はどんなチームでしたか?

NBDL時代から3年間ずっと戦ってきて、やることがきっちり決まっているチームで、本当にそれがぶれずにやり続けているチームという印象ですね。その中でも、個々の能力が高い選手がいたりして、対戦相手としてはすごいやりづらい相手でしたね。


合流してみて、チームの雰囲気はどうですか?

練習量が多くて、最初ついていくのがキツかったんですけど・・・今でも正直ちょっとキツいんですけど(笑)。
でも、チームメイトやスタッフもすごい歓迎してくれて、いいチームだなと。
後輩が多いんですけど、いい子たちばかりですし、先輩も、かずさんとかしっかり絡んでくれるので(笑)人間関係としてはすごく入りやすくて、馴染みやすかったです。


新しいあだ名をつけられたり・・・(笑)

そうですね(笑)あだ名が決まっているのか決まってないのかわからないんですけど(笑)
そこはファンのみなさんで呼びやすいように呼んでもらえたらいいです!これまでは「にっしー」とずっと呼ばれることが多かったんですけど、かずさんからは「チャツゥ〜」って呼ばれますし、柏倉から「タツさん」って呼ばれたり、今いろいろ名前があります(笑)。


ご自身のアピールポイントは?

ポイントガードとして速さを活かしたプレーというのが自分の特徴だと思うので、それをチームに活かせるようにしていきたいですね。
あとはチームのやりたいことにしっかりフィットして、ポイントガードとしてチームを引っ張っていけるようにしたいと考えています。


最後にファンの方へメッセージをお願いします。

商店街に行ったり、イベントに行ったりすると東京Zのファンの方に会ったりしたんですけど、そういう方たちから「(対戦相手として)嫌な選手だったよね」って言われたりして(笑)、でもそんな人でも「加入を聞いたときはうれしかった!」って言ってくれて、そういう声が聞けると僕もうれしいですし、その期待に応えなければいけないなと改めて思いました。
これから東京Zのチームの一員として、もちろんB1昇格を目指して、しっかり結果を残して、チームやファンのみなさんに恩返ししていきたいと思います。

RELATED

関連ニュース