MENU

アースフレンズ東京Z

EARTHFRIENDS
TOKYO Z

MENU
HOME > チーム情報 > SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み
 

SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み

 
 

アースフレンズ東京Zは、バスケットボールを通して、
持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs(エスディージーズ:Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓っています。

国際連合広報センター WEBサイト
https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/


 

アースフレンズ東京Zは、バスケットボールを通して「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献していきます。

「アースフレンズ」というチーム名には、多様性を認め合う“ダイバーシティ社会の一助になる”という想いが込められています。

そのためにスポーツを『観る』『する』『支える』 ことを通じて、人と人を繋げていく力を最大限に活用したいと考えています。

バスケットボールは国籍・性別など、あらゆる垣根を超えて、世界中の様々な人が関わるスポーツです。
地球全体が次のステージを目指すために、多様性を受け入れ、SDGsが掲げる環境、ジェンダー、平等などの問題について、アースフレンズ東京Zが情報発信基地としての役割を果たしていきます。

選手・スタッフと、ファン、地域、パートナーの皆様が、SDGsが身近な問題であることを共に学ぶと同時に、解決に向けて行動できるよう、皆様と連携して取り組んでいきます。

東京ZのSDGsに関する取り組み

株式会社ベジタスグループ様は、「野菜から南房総の未来をつなぐ会社」として、2020年10月創業。野菜宅配、青果流通の事業を中心に行っています。
今回、アースフレンズ東京Zとタッグを組み、試合会場やオンラインショップで野菜の販売を実施。ベンチャー企業同士が協力し合い、農家の支援と共に食品をロスを減らすことで、SDGs[11.住み続けられるまちづくりを]、[12.つくる責任 つかう責任]の達成を目指すこととなりました。

【会社名】 株式会社ベジタスグループ
【所在地】 千葉県館山市二子251  東京支店:東京都港区六本木7-17-22
【代表】 安西 理栄(あんざいりえ)
【事業内容】 野菜宅配、青果流通事業他