MENU

アースフレンズ東京Z

EARTHFRIENDS
TOKYO Z

MENU
HOME > ユース活動報告2019年6月
 

ユース活動報告2019年6月

アースフレンズ東京Z U15 2019-20シーズンも新しいチャレンジに向けて、またミッションを達成するべく4月より活動を開始しています。

 

ワークアウト

 4月から6月にかけて個人スキルを習得・向上・改善するためのワークアウトを行っています。
 
どの戦術を用いても最後は各エリアでのシュートとペイントにおけるフィニッシュになります。
起こりうる状況を想定して
①3P(a.VSクローズアウト/b.オフスクリーン)
②ペイントフィニッシュ(a.VSビッグマン/b.VSオンボールマン)
③ミッドジャンパー(a.VSビッグマン)
を中心に練習をしています!


各状況下でシュートを決めきる力、個で打破する力を向上させるべく練習に励んでいます!
昨年同様、ガードの選手もセンターの選手もポジション関係なく全てのポジションスキルを習得できるよう練習。またB.LEAGUE、NBAプレーヤーなどの映像を活用。クオリティの高いプレーをイメージすることでトッププレーヤーのスキルに近づけるよう、毎回の練習で様々なスキルにチャレンジしています!
 

Underrated Tour, powered by Rakuten参加

 

2日間のトレーニングキャンプを通して自身の能力を発揮する機会を提供する目的で実施されたUnderrated Tourに東京Z U15からも4名参加をしました。

Underrated(過小評価)
ロゴのUnderrated(過小評価)には取り消し線が入っており、過少評価を覆すという意味が込められている。プロに向けてしっかり日々を積み重ねて準備をすること。それが自信につながる。キャンプで学んだことを今後に活かしていきます!

“If you don’t fall ,how are you going to know what getting up is like ?”
“もし失敗をしなかったら、どうやって成功するかもわからないだろう?”というステフィン・カリーの格言になります。こちらもロゴと一緒に会場に飾られていた言葉になります。試行錯誤した結果の失敗はミスではありません。たくさんのチャレンジをして様々な経験を積んでいきましょう!


2日目には楽天株式会社のブランドアンバサダーを務めるステフィン・カリー選手も登場。
ミッション達成に向けて世界トップクラスの選手からアドバイス、実践的な指導を受けました。