MENU

EARTHFRIENDS
TOKYO Z

MENU
HOME>TEAM>MISSION & VISION
 

MISSION & VISION

ミッション

日本代表が世界で勝利することに貢献する
世界に通用する日本人選手を輩出する

バスケットボールの価値

バスケットボールは世界最高峰のリーグであるアメリカのNBAや、近年ではユーロリーグなど、今や世界的な人気スポーツとして認知されています。 オリンピックでも男子バスケットボールは1936年から正式種目となっており、花形種目の一つです。

世界のスポーツ選手年収ランキングでもトップ10には必ずバスケットボール選手の名前があがっており、ビジネスとしての価値も非常に高い評価を得ている事は確かです。

しかしながら、日本のバスケットボールに目を向けてみると、日本のメジャースポーツであるプロ野球(NPB)、プロサッカー(Jリーグ)とは、強化・普及・勝利、全ての面で大きく差を付けられているのが現状です。

国内の競技者がこれだけ多く、エンタテイメントとしても大変魅力的なスポーツであり、テレビ観戦を楽しむこともできれば、さらにファン層が拡大するのではないかとも考えます。

私たちは、そんな日本のバスケットボール界の持つポテンシャルに期待しつつ、あらゆる面でバスケットボールを日本でもメジャースポーツのレベルに押し上げるべく、このチームを立ち上げました。

なぜ、世界を目指すのか

日本国内において、バスケットボールをメジャーなスポーツにしたい。テレビ放映もたくさんあって、誰もがバスケットボールを楽しめる環境にしたい。

日本におけるバスケットボール文化の普及
それを実現するためにすべきと考えた事が、
・日本代表が世界一になること。
・日本から世界に通用する選手を輩出すること。

この2つでした。

ワールドカップやオリンピックがライブで見られるこの時代で、“世界を相手に活躍し、世界を相手に勝利する。”

これが何より不可欠だと感じました。

そのために私たちがすべきことは、日本代表に世界で戦える人材を送り出すことです。そして、それを実現するために、チームが目指す場所は”日本一”ではなく”世界一”でなくてはいけません。

日本のリーグに参戦する理由

では、なぜ世界を目指す私たちのチームが日本のリーグで戦うのか。

それは、日本のバスケットボールチームとして世界を目指す以上、日本国内のトップチームという称号は、必然として手に入れる必要があると考えるからです。

世界で戦えても、日本で誰も注目してくれなければ意味がありません。

日本でもっとも人気・実力を備えたチームになる。そして、その先のアジア、世界へ挑んでいきます。

そのために、まずは日本のリーグで優勝し、日本一のタイトルを獲得します。

世界への挑戦の根底にあるもの

世界で勝利する
世界で通用する選手を輩出する
バスケットボールを日本でもメジャースポーツにする

その根底には何があるのでしょうか。 それは、

バスケットボールを通して、感謝の気持ちや和の心などの日本文化を伝承していく。
大田区総合体育館をホームアリーナとした、城南エリアから東京全域に、日本に、世界に、夢と希望そして感動と笑顔をもたらす。
次世代に生きる子供たちや若者たちが、「チャレンジする」、「夢に向かってトライする」ことの喜びを知る。
健常者・障害者の誰もが一緒になってトライしていける、「ユニバーサル社会」の実現に向けての一助になる。

“夢や希望”を持てるコミュニティづくりの力になりたいと願っています。


ビジョン

世界で戦えるプレーヤーを生み出す育成システム

私たちは、世界を目指すプレーヤーを生み出すため、これまで培われてきた学校教育の中でのバスケットボール指導とも連携しながら育成からトップまで一貫した哲学・プレースタイル・方法論に則った、独自のメソッドを創り、普及させたいと考えております。

具体的には、海外で活躍していける選手となるため、
『世界で戦うための技術・体力などのスキル向上』
『世界で戦うための多言語コミュニケーション力(主に英語)』
『世界で戦うためのプロアスリートとしてのメンタリティ形成』

これらを重視した育成を行っていきます。

その結果、NBAなどの海外トップリーグへ挑戦していく人材を積極的に輩出し、世界で戦っていけるプレーヤーを輩出していきます。

日本国内にもプロチームが存在することで海外で経験を積んだ選手がその経験を日本に持ち帰って還元したり、国内で活動しながら日本代表選手となれるよう更に成長していくことができます。