MENU

EARTHFRIENDS
TOKYO Z

MENU

COLUMN

HOME>COLUMN>INTERVIEW>Q&Aインタビュー:#20秋葉真司

Q&Aインタビュー:#20秋葉真司

20akiba_qa.png

シーズンも3分の1が終わりましたが今の心境は?

開幕前のプレシーズンに比べて、確実にバスケット的にもコミュニケーション的にも深められています。その中でも、全員がそれぞれの仕事を徹底している時の団結力は凄いものがあると思います。
しかし、結果に結び付けられていない。これが現実としてあります。波をできるだけ小さくする為にクオリティを上げる。そして、悪い時間帯を短く、最低ラインを引き上げていく。その積み重ねを大切にしていきます!

東京Zへ加入して2年目。チームはどう変化していますか?

先ほど団結力を挙げましたが、その要因として、選手同士のコミュニケーションはもちろん、コーチ陣、フロントスタッフ含めてのコミュニケーションを取る時間、機会、一人一人の行動が確実に増えたなと感じています!今まではどこか任せっきりな所が多かったり、一方通行が多かったと思います。
それが解消されたことで、共通理解できる所が増えて、お互いを知ることができる。そして信頼し合える関係が少しずつできてきているなと感じています。
しかし、勝つ為にはもっと厳しさであったり、クオリティを上げることが大切でコミュニケーションのレベルを上げることが必要だとも感じています!そうする事でより一人一人が自分の仕事に自信と責任が持ててお互いを高め合えると思います。

自分のポジションの役割と、その難しさや楽しさを教えてください。

自分のポジションはシューティングガードです。他にもシューティングガードの選手がチーム内にいますが、その中でも誰よりも3ポイントシュートにはこだわっています。
そこをチームからも任されていると思いますし、自分にとっても武器になっています。
楽しさは、学生時代まではパワーフォワードでひたすらリバウンドとかスクリーンとかかけていたのでシュートを打つ事自体楽しいんですが、最近はみんなが運んできて、拾って、奪って繋いでくれたボールをもらった時のゾクゾク感というか、責任感を感じて決めた時のあの感覚は楽しいですね!
ですが、主体性、いい意味での無神経さがもっと必要だとも感じていて、そこが課題なのでまだまだここから磨いていきます!

今シーズン注目してほしいポイントを教えてください!

自分のアピールポイントは3ポイントシュートと試合中の熱さです!
誰よりもこだわっているのが3ポイントシュートなのでそこは注目してください!!
そして試合中のガッツポーズとか時には吠えたり(笑)。
そこも自分の野生的な良いところなのかなーと思っているので、ぜひ一緒にガッツポーズしたり吠えたりしてくれたら嬉しいです!!
今シーズンは3ポイントを止められた後の判断の部分も意識しているので、その後の動きにも注目してくれたら嬉しいです!!

ファンの皆様へのメッセージと意気込みをお願いします!

いつも熱く、温かく包んでくれる応援をありがとうございます!!
正直苦しい状況ではあります。
しかし、チーム全員目指す所は変わっていませんし、迷いもありません。
そして勝つ為に変わっていく覚悟も持っています!
ここから這い上がる為にチーム全員、それぞれがZの為に磨いて闘っていきます!!!
食らいついて、這いつくばって、這い上がる。そして皆さんと1試合1試合を最高の力を出し切って最高の瞬間を作っていきます!!
これからもよろしくお願いいたします!